梅雨明けは、いつかな

今年は梅雨の入りヤキモキさせられましたね


今年、2019年の梅雨入りは南から順にではなく九州差し置いて東北北陸からだとかでした。九州北部関西方面に在住の方は、いつになったら梅雨入りだ!って思ったことでしょう。


21日遅い梅雨入り


九州北部、四国、中国、近畿地方は例年より21日遅い梅雨入りとなりました。いやー、遅いですね。


雨天は花火大会の天敵


夏休みも始まりお祭りやらイベントの開催が予定されています。夏のイベントのフィナーレと言えば花火です!雨天で開催が左右される花火。これは本当に問題です。花火大会を目的に旅行日程を立てた場合。天候次第では、予定を変更しなくてなりません。宿や飛行機などの予約をキャンセルしたりと大変だったりします。


延期になるのかの見極めも大変だ

週間天気予報で花火当日が雨の予報になっていても、当日は曇りの予報に変わったりするもので、その週は天気予報に釘付けだったりします。とにかく1日に何度も天気予報を確認してしまう。どの時期で予定の変更を判断するか難しいのです。


最後に

とりあえず、梅雨明けが待ち遠しい。


ボタンを押すか押さないか

公共交通機関での話。

 

誰でも目的の駅停留所に降りるために降車ボタンを押しますよね?まー、誰でもが率先して降車ボタンを押すわけではないんですよ!ここで、ボタンを押すか、押さないか問題が出てきます。

 

押すか押さないか

 

すずきが、利用している路線では押さない人の集まり。

乗り物を利用するときは、本を読んだりしているので、どの辺りを通ったのか把握していない時があります。で、たまに本当に目的の停留所を通り過ぎようとするんです。ここで降りるのはすずきがひとりなんだろうなと、急いで降車ボタンを押して。良かった、間に合ったよ!さて降りようかと、席を立つと他に降りる方がいらっしゃるいらっしゃる。なぜ、押さない!!と勝手に憤慨。だったら、自分が早めに押せよって思うが…。

 

他ではどうなんだろう?

ムビチケを使う

ムビチケを使う機会がありました。


だいたい、ムビチケって何なの?簡単に使えるの?と不安でした。


まずムービーチケットとは‼

ネットで座席指定ができる通常料金よりお得な映画前売券ということで、通常料金より最大で400円お安くなります。


ネットで予約ができるのは、とても便利ですね。しかも座席を自分で選べる。


ムビチケオンライン、ムビチケカードといくつか種類があるようです。今回、利用したのはムビチケカード。ムビチケカードには、

全国券と劇場券の2種類あって使い方は同じ。


使う時は、ムビチケカード裏面に記載されているムビチケ購入番号・ムビチケ暗証番号を入力する必要があるので確認しておきましょう。暗証番号は右上にあるスクラッチ部分にあります。


後は、鑑賞予定劇場WEBサイトで予約&座席指定で完了です。


劇場で発券する際に必要なのが、購入番号と電話番号です。座席指定予約の際に入力したメールアドレスに購入番号などの内容が書かれたメールが送られてきます。確認しておきましょう。


では、劇場まで行ってらっしゃい。

楽しい作品と出会えると、いいですね。